校倉書房ホームページへようこそ!

カウンター
日本歴史を中心に、学問の前進に寄与する学術研究書を出版
入門的、教養的、啓蒙的に書かれた書籍も併せて刊行
ISBNで検索する場合は
ハイフン(半角)を入れて下さい
株式会社 校倉書房
(あぜくらしょぼう)

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田 1-1-3
TEL:03-3203-4851
FAX:03-3203-4854

管理用ページ
このホームページで、読みたい本と出会え、購入して頂けるだけではなく、
感銘して頂けたら幸甚です。良い本作りを目指し『掘り下げた歴史書』を逐次発信していきます。
お知らせ
新刊のご案内
北洋漁業と海軍−「沈黙ノ威圧」と「国益」をめぐって
 
鎌倉時代政治構造の研究

荻野 富士夫著
税抜価格 6,000円



近藤 成一著
税抜価格 12,000円






明治初年から日本の敗戦までを対象に、主に日露戦争後のポーツマス講和条約でロシアから獲得した漁業「権益」をテコに北洋漁業が拡大するなかで展開された、海軍による警備の実態とその意味するところを考察した。「満蒙」の「権益」は国策会社としての満鉄に集中していたのに対して、北洋漁業の主役は日魯漁業、日本水産などの民間企業である。さらに加えて、戦後再開された北洋漁業の「保護」をめぐる問題、海上自衛隊の活動拡大の様相をとりあげた。


鎌倉時代は武家と公家の二つの政権が並立した時代であり、この並立した二つの政権は類似の構造を有した。そして二つの政権構造的特質は、社会構造に対応するものであった。この道筋に基づいて、第一に、武家政権はどのような構造的特質を有するのか、第二に、公家政権はどのように武家政権に類似するのか、第三に、武家・公家二つの政権に共通する造的特質は、社会構造とどのように対応していたのかについて論述し、鎌倉時代像を構想した。

おすすめの書籍  
戦間期における日本海軍水路部の研究
中世の国土高権と天皇・武家
地域史の方法と実践
小林 瑞穂著
保立 道久著

吉田 伸之著


税抜価格 10,000円
税抜価格 12,000円 税抜価格 6,000円
『歴史評論』-歴史科学協議会-のご購入方法について
「『歴史評論』について」こちらのページで詳しくご案内しております。

校倉書房リンク用バナー
リンクフリー: バナーもご自由にお使い下さい。
アドレス:http://www.azekurashobo.com/
校倉書房は、歴史書懇話会に加盟しております。【WebSite】

 

本ホームページに掲載の文章・画像写真などを無断で複製することは法律上禁じられています。すべての著作権は株式会社校倉書房に帰属します。