地域史

 

校倉書房/書籍案内

弊社発行の書籍をご案内致します。


[カテゴリートップに戻る] [検索]  [管理用


知多半島の歴史と現在 14
ISBN   978-4-7517-9014-4
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3、150円(本体:3,000)
頁数   250頁
判型   A5判
発行年  2008
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
・<地域>というパラダイム
・知多半島産業連関表の作成と概要
・国庫支出金の一考察
・昔話の中のため池
・『知多新聞』にみる鵜の山
・秀吉政権の東国支配と木曾材調達
・尾張国知多郡下半田村の頭百姓制にみる村社会の一端
・廻船をめぐる地域的諸関係


知多半島の歴史と現在 13
ISBN   4-7517-9013-7
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   241頁
判型   A5判
発行年  2005
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
市町村合併の知的戦略ーその知的アウトプット/知多半島城活性化のための行政主導型マネジメントの展開/戦国期知多半島の豪族と禅宗菩提寺/伊勢湾周辺地域における木綿流通と知多木綿/新たな尾州廻船研究に向けて他


知多半島の歴史と現在 12
ISBN   4-7517-9012-9
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   240頁
判型   A5判
発行年  2001
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
時の作法-シベリアの十日間/半田市域の灌漑用溜池等の施設について/まちづくりに対する態度および生活環境評価の構造化/近代尾州知多郡の自然景観と「雨池」民話の生成/他


知多半島の歴史と現在 11
ISBN   4-7517-9011-0
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   240頁
判型   A5判
発行年  2001
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
行政に<哲学>が要る時代/焼きものの街常滑の風景/統計指標にみる知多半島の地域経済・続/「尾州真菅」と伊勢湾周辺地域/大坂登り下り船問屋と内海船/近世前期岡山藩船持と船宿の関係/昭和日常博物館の試み/東海道関宿の町並み保存を通して/他


知多半島の歴史と現在 10
ISBN   4-7517-9010-2
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   283頁
判型   A5判
発行年  1999
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
市町の広報の記号論的分析/知多織物産業の構造変化とその背景/生活環境とまちづくりの役割認識/近世尾張知多郡の「雨池」保安林/幕末期の尾張国知多郡藤江村亥子新田と中野半六家/近代における知多新四国巡礼の盛況/あかるい未来社会-あいち健康の森の研究機能/他


知多半島の歴史と現在 9
ISBN   4-7517-9009-9
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   256頁
判型   A5判
発行年  1998
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
知多半島の五市五町のキャッチフレーズ/知多地域合併構想のゆくえ/統計指標に見る知多半島の地域経済/観光レクリエーションと漁業/知多半島の開発における緑の行方/知多地域北中部の土地利用変化とその要因/随想知多半島雑感/随想知多半島民俗部会の十年/『名区小景』と知多地域/三河国荻原村糟谷縫右衛門家と江戸干問屋/他


知多半島の歴史と現在 8
ISBN   4-7517-9008-0
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   226頁
判型   A5判
発行年  1997
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
発掘調査からみた清須城下町/戦国織豊期日本海海運の構造/内海船と四日市をめぐる流通/尾州知多郡大野鍛冶について/近世後期の尾張藩地方支配政策と知多半島における地域について/十八世紀後半、尾張藩の「昔」と「今」/明日の知多農業を考える/他


知多半島の歴史と現在 7
ISBN   4-7517-9007-2
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   232頁
判型   A5判
発行年  1996
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
近世後期濃尾平野における陸運・水運と伊勢湾海運/村入用帳にみる山方・浦方と尾張藩支配/近世知多半島の「雨池」と村落景観/愛知用水と木曽川水利構造の検討/木曽川水系の産業と水需要/ため池をくらしに活かす/他


知多半島の歴史と現在 6
ISBN   4-7517-9006-4
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   259頁
判型   A5判
発行年  1995
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
戦国期伊勢・三河湾地域の物質流通構造/元禄尾張藩の山方支配と「知多郡代官」/下り米流通機構の変容と内海船/近世の尾州知多半島沿岸村落と伊勢・三河湾沿岸諸都市/伊勢湾・三河湾をめぐる地域づくり/「なぜ今地域情報化なのか」-情報化で地域に活力を/全国シンポジウム・中世常滑焼を追って/他


知多半島の歴史と現在 5
ISBN   4-7517-9005-6
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   293頁
判型   A5判
発行年  1993
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
伊勢商人と永楽銭基準通貨圏/尾張・参河と中世海運/内田佐七家創立期の廻船経営/中世都市鎌倉出土の常滑窯陶器/知多半島の地質と地史/近世後期の尾張国知多郡小鈴谷村宗門改帳/名古屋肥物問屋師崎屋日記/知多半島の目指すべき地域像/成熟産業地域の経済再生/土に生きる・常滑の水野平吉さんに聞く/他


知多半島の歴史と現在 4
ISBN   4-7517-9004-8
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   3,150円(本体:3,000)
頁数   244頁
判型   A5判
発行年  1992
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
知多半島歴史研究の諸課題/伊勢・紀伊の海賊商人と戦国大名/中世知多古窯址群の押印文/草戸千軒町遺跡およびその周辺遺跡にみる常滑焼/近世後期における下り塩流通と内海船/本草家と対外関心/知多織物産地の現況と将来性/愛知用水を発想した人物群像/伊勢湾のイルカと水族館/他


知多半島の歴史と現在 3
ISBN   4-7517-9003-X
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   \2,100 (本体:2,000)
頁数   317頁
判型   A5判
発行年  1991
価格帯  〜4000円
購入情報 絶版
表紙
内容   
篠島の歴史的位置/東北地方出土の常滑焼・渥美焼について/「戎講」の仲間船・諸国商人統制/明治三年、尾張藩蒸気船購入資金知多郡両浦船持より調達一件史料について/知多から世界へ、世界から知多へ/知多南部地域における地域社会の社会構造と住民生活/シンポジウム・高度移動社会と知多半島/他


知多半島の歴史と現在 2
ISBN   4-7517-9002-1
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   \1,890(本体:1,800)
頁数   242頁
判型   A5判
発行年  1990
価格帯  〜4000円
購入情報 絶版
表紙
内容   
中世窯業産地としての知多半島/常滑窯をめぐる若干の考察/麻から木綿へ-日本経済史における中世から近世へ-/寛文六年尾州知多郡師崎村宗門改帳作成の背景/半島の魅力=並存する沿岸文化と山あい文化-知多の民俗・芸能をめぐって-/最近の企業立地動向をめぐって/日本農業の課題と知多半島/21世紀にむけた産業構造の変化と地域産業政策の課題/農工複合の地域経済システム/クラインガルテン運動-新しい町づくり-/杜氏と酒造り/他


知多半島の歴史と現在 NO. 1
ISBN   4-7517-9001-3
著者   日本福祉大学知多半島総合研究所編
定価   1,575円(本体:1,500)
頁数   265頁
判型   A5判
発行年  1989
価格帯  〜4000円
購入情報 絶版
表紙
内容   
日本文化と地域の文化/知多関係木簡私注/史料にみる尾張国知多郡廻船惣庄屋中村家の盛衰/百年前のぶどう病とワイン産業/中世への回帰-再現された古窯/地域開発の新たな展望/シンポジウム・知多の未来を語る(地球社会と地域、四全総と伊勢湾、新伊勢湾時代と知多)/知多半島地域の社会経済構造分析のための一私論/大学移転と地域経済/他


Copyright © 2007 校倉書房/AZEKURA SHOBO Allrights reserved.
カテゴリートップに戻る 校倉書房書籍検索 version 3.50