登山・生物

 

校倉書房/書籍案内

弊社発行の書籍をご案内致します。


[カテゴリートップに戻る] [検索]  [管理用


つむじまがりの山登り
ISBN   978-4-7517-3970-9
著者   石田亘
定価   \3,150 (本体 : \3,000)
頁数   308頁
判型   A5判
発行年  2008
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
<青年期の山>
ニペソツ山/越後駒ケ岳から谷川連峰へ/十勝連峰から大雪連峰へ
<随筆>
越後・八海山/暗路/雨の銀山平/奥只見・荒沢岳/オリエンテーリング
春の浅草岳/岩小舎の一夜/新雪の八海山/手足を使わずに登った壁/他
<老年期の山>
平ヶ岳/遠ざかる荒沢岳/春の浅草岳(The Third Take)/


野生動物観察記
ISBN   4-7517-0570-9
著者   直良 信夫
定価   840円(本体:800)
頁数   266頁
判型   B6
発行年  1971
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
古生物学、考古学の権威である著者は、化石研究の基礎として現生生物の分類や形態・生態にも通暁していなければならないことから、それらの調査・研究にも専念するかたわら、いろいろな動物を実際に飼って観察してきた。本書はそれらの動物の生態や形態を、肩のこらない読みもの仕立てで紹介する。
「タヌキ寝入り」に関する考察などもおもしろい。
とりあげた動物は、ヤマネ、アカネズミ、アナグマ、タイワンリス、モズ、コオロギ、その他。


八ケ岳研究(下)
ISBN   4-7517-0720-5
著者   独標登高会
定価   2,625円 (本体:2.500)
頁数   440頁
判型   A5判
発行年  1973
価格帯  〜4000円
購入情報 購入可能
表紙
内容   
上巻は朋文堂より刊行されたが、その直後の版元の廃業により下巻の発行は頓挫していた。
上巻にくらべ下巻のほうが記録としては重要で、とくに広河原沢奥壁、権現沢の各ルンゼは八ケ岳を代表する困難な岩場であり、これらを含めた赤岳以南の八ケ岳南半分の登攀記録が主体で、阿弥陀岳北面、立場川流域、地獄谷流域を範囲におさめる。
前期の広河原沢奥壁、権現沢の諸ルートのほか、阿弥陀岳北壁、立場川奥壁などに開拓的な山行が多く、参考となろう。


Copyright © 2007 校倉書房/AZEKURA SHOBO Allrights reserved.
カテゴリートップに戻る 校倉書房書籍検索 version 3.50